珪藻土 無垢材 漆喰 自然素材の家 無垢フローリング 天然木 自然塗料

最新 ニュースリリース・雑誌掲載リリース





Come home![カムホーム] HOUSING3 中古住宅リノベーションでかなえるナチュラルスタイルの家 表紙+中面6P


Come home![カムホーム!] HOUSING3
中古住宅リノベーションでかなえる
ナチュラルスタイルの家



中古住宅を買って『Come home!』のような
ナチュラルスタイルの家に住みたい人のための
リノベーションの実例集。






団地リノベ たまプラーザ団地リノベーションが掲載されました






relife(リライフ) 
収納プラン大成功!の家

やっぱりイイね!団地リノベ

2013/7発売
P82掲載 実例レポート
むくむくはうす会社案内




たまプラーザ団地 リフォーム
無垢造作キッチン+自然素材で
ライフスタイルに合わせた
ココロ・カラダも休まる我が家へ



掲載事例はこちら

 




これから中古住宅・中古マンション、団地をご購入を
お考えの皆様には、とってもお役に立つ1冊になっていると思います。

ご希望の方(先着20名様)に
「リライフプラス」を無料で差し上げます。
ご希望の方は「資料請求」よりご応募ください。

 






稲城市百村 戸建リフォーム事例が取材掲載されました





relife(リライフ) 
やってよかった!
実家リノベ

2012/7/13発売
P81掲載 実例レポート
P123 むくむくはうす会社案内




家族の想いが詰まった
自然素材のオンリーワンハウス
東京都稲城市百村 戸建リフォーム


掲載事例はこちら

 



たまプラーザ団地リフォームが取材掲載されました




リライフ 
中古マンション×リノベ実例集
物件探し×設計を
セットで頼むが正解

2012/7/13発売
P54掲載 実例レポート
P111 むくむくはうす会社案内




無垢材を使い、希望だったカフェ
のような温かみのある空間
たまプラーザ団地 リフォーム 
横浜市青葉区 O様邸


掲載事例はこちら

 




弊社ホームページでもお問い合わせ・人気の高い
たまプラーザ団地O様邸の事例が取材掲載されました。


撮影の様子

これから中古住宅・中古マンション、団地をご購入を
お考えの皆様には、とってもお役に立つ1冊になっていると思います。

ご希望の方(先着20名様)に
「リライフプラス」を無料で差し上げます。
ご希望の方は「資料請求」よりご応募ください。

 




中古を買ってリフォームしよう 



中古を買ってリフォームしよう

2011/8/23発売
P82掲載 実例レポート




無垢材を使い、希望だったカフェ
のような温かみのある空間
たまプラーザ団地 リフォーム 
横浜市青葉区 O様邸


掲載事例はこちら

 






THE21(PHP研究所出版) 仕事に使える「エコの教科書」 に取材掲載されました 




ECO THE21 
仕事に使える「エコの教科書」 
 2010年1月号


環境問題をチャンスに変える注目企業の取り組みとは?
業界別 エコビジネスの最前線をゆく

  建設/東京都 P74〜75 
 ペオ・エクベリ×リフォームプロ
 

 
  >>詳しい記事内容はこちら

 



取材風景

      


別冊 住まいの設計 relife+(リライフプラス)

 

別冊 住まいの設計
relife+(リライフプラス)
2011/3/25発売




 

中古マンション×リフォーム 
都市に暮らすための新しい答え

マンションストックは全国で500 万戸以上に。
新築よりも手頃な値段の中古マンションを
自分好みにリフォームして住む
のがこれからのトレンドに。
そんな暮らしを応援する雑誌。



弊社が掲載されております




リフォーム会社を選ぶ本(首都圏版) 2011/1月発売

 

リフォーム会社を選ぶ本
首都圏版
2011/1/31発売
P118掲載 実例レポート




漆喰・無垢の壁や風が通る間取で
さわやかな空気に包まれたい

中古マンションリフォーム 
川崎市多摩区 Y様邸


掲載事例はこちら

 




雑誌「中古を買ってリフォームしよう」 2010年 Autumn に掲載


中古を買ってリフォームしよう 
      2010年 Autumn

P106掲載 実例レポート




「古材の梁、珪藻土、オーク材など

自然素材と木の香りに包まれた家」

中古住宅(築40年・団地)購入

T様邸掲載
掲載物件はこちら




雑誌「中古を買ってリフォームしよう」 2010年 Spring に掲載




中古を買ってリフォームしよう 
2010年 Spring
P100掲載 実例レポート


掲載物件はこちら



「古材や無垢材、珪藻土など素材の

質感を楽しめる空間に」


湿気が多く、結露・カビ対策も考慮。

壁面収納を中心に、収納がポイント!






環境への取り組み


神奈川県のリフォーム会社 初のカーボンニュートラル企業へ




2008年3月28日、弊社リフォームプロは、オフィスを完全にカーボンオフセットし、

カーボンニュートラルな企業へ。


有限会社リフォームプロ(神奈川県川崎市、代表:阿部悌二 http://www.reform-pro.jp/は、

同社のオフィスで利用する1年分のエネルギー(電気代、ガス代、水道代)から発生するCo2

の排出を、「カーボンオフセットハウスネットワーク」を利用して、相殺したことをご報告いたします。


リフォームプロが払っている水道光熱費から、オフィスの維持にために発生している二酸化炭素

量を計測して、これを二酸化炭素排出権を買うことで相殺して、結果としてこれから一年間二酸

化炭素排出ゼロ、つまりカーボンニュートラルな状態になりました。


排出権は、
カーボンオフセット・プロバイダーのジーコンシャス社から購入しました。

■Co2排出権購入の概要
<カーボンオフセットの対象>
オフィスで発生する光熱費(電気、ガス、水道)
2008年3月〜2009年2月
<相殺(オフセット)したCo2の量>
4.2トン
<カーボンオフセットソース>
京都議定書で定められたCDM(クリーン開発メカニズム)に基づき、国連が認証した
CO2排出権と相殺。
この相殺分は、京都議定書マイナス6%分に参入されます。


【用語解説】 
■カーボンオフセット

カーボンオフセット(carbon offset)とは、人間の経済活動や生活などを通して「ある場所」で排出された

二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などによって「他の場所」

で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動の総称である。発生してしまった二酸化炭素の量を

何らかの方法で相殺し、二酸化炭素の排出を実質ゼロに近づけようという発想がこれら活動の根底には

存在する。
「カーボンオフセット」という用語も「二酸化炭素(カーボンダイオキサイド:carbon dioxide)を相殺する

(オフセット:offset)」に由来している。

■カーボンニュートラル

カーボンニュートラル(Carbon Neutral)は環境化学の用語で、直訳すればカーボンは炭素、ニュートラルは

中立なので「環境中の炭素循環量に対して中立」となる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、

排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。

 

カーボンオフセットとは?

 





個人や企業、イベントなどから排出されるCO2をオフセット(相殺)し、地球環境的には

中立(ニュートラル)状態に戻すという考え方です。

今、我々日本人は平均して、約10トンの二酸化炭素を排出している計算になります。

自家用車、出張で使う飛行機、電力消費などが主なCO2排出のソースですが、これは世界平均の約二倍の量です。

また、我々が消費する製品も、原料から製造、流通に至るまでエネルギーを消費していますので、CO2排出量に

換算するとかなりの量を間接的に排出していることにもなります。



 

節電やエコ・ドライブなど、ひとりひとりの省エネ努力ももちろん大事ですが、

これからはそれに加えて、自主的に二酸化炭素排出分を意識して、それを「相殺」する

プログラムを通じて、二酸化炭素排出量を抑制することが個人にも求められています。

オフセットする方法には、植林や排出権、グリーンエネルギーなどの使用があります。

特に、京都議定書の第一次実行期間が2008年から始まる日本では、その削減量に

参入することができる排出権とのオフセットに注目が集まっています。

今後、製造過程や流通過程で排出するCO2をオフセットした製品、機材の運搬や

電力使用や、観客の交通手段を計算し、オフセットしたコンサートやイベントなど、

様々なカーボンオフセットへの取り組みが発表される予定です。

また、グリーン意識の高いカップルによる、結婚式をカーボンオフセットする

グリーンウェディングなども盛んになっていくことでしょう。


 

■カーボンニュートラル

カーボンニュートラル(Carbon Neutral)は環境化学の用語で、
直訳すればカーボン炭素、ニュートラルは中立なので「環境中の炭素循環量に
対して中立」となる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、
排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。

グリーンマーケティング

グリーンマーケティングとは、企業は、環境に負荷をかけないマーケティング
活動を行わなければならないとする考え方。
エコマーケティングと呼ばれることが多い。具体的には、有害物質の排除、ゴ
ミの削減、物流の効率化、リサイクル可能な仕組みの構築などへの取り組み
があげられる。環境マーケティングとも呼ばれる。

ジーコンシャス株式会社http://gconscious.jp/
個人ひとりひとりが排出する二酸化炭素量を診断し、オフセットする国内初

のサービスCarbonPASSを運営する企業。

 


環境への取り組み



神奈川県のリフォーム会社 初のカーボンニュートラル企業へ



2008年3月28日、弊社リフォームプロは、オフィスを完全にカーボンオフセットし、

カーボンニュートラルな企業へ。


有限会社リフォームプロ(神奈川県川崎市、代表:阿部悌二 http://www.reform-pro.jp/は、

同社のオフィスで利用する1年分のエネルギー(電気代、ガス代、水道代)から発生するCo2

の排出を、「カーボンオフセットハウスネットワーク」を利用して、相殺したことをご報告いたします。


リフォームプロが払っている水道光熱費から、オフィスの維持にために発生している二酸化炭素

量を計測して、これを二酸化炭素排出権を買うことで相殺して、結果としてこれから一年間二酸

化炭素排出ゼロ、つまりカーボンニュートラルな状態になりました。


排出権は、
カーボンオフセット・プロバイダーのジーコンシャス社から購入しました。

■Co2排出権購入の概要
<カーボンオフセットの対象>
オフィスで発生する光熱費(電気、ガス、水道)
2008年3月〜2009年2月
<相殺(オフセット)したCo2の量>
4.2トン
<カーボンオフセットソース>
京都議定書で定められたCDM(クリーン開発メカニズム)に基づき、国連が認証した
CO2排出権と相殺。
この相殺分は、京都議定書マイナス6%分に参入されます。


【用語解説】
■カーボンオフセット
カーボンオフセット(carbon offset)とは、人間の経済活動や生活などを通して「ある場所」で排出された
二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などによって「他の場所」
で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動の総称である。発生してしまった二酸化炭素の量を
何らかの方法で相殺し、二酸化炭素の排出を実質ゼロに近づけようという発想がこれら活動の根底には
存在する。
「カーボンオフセット」という用語も「二酸化炭素(カーボンダイオキサイド:carbon dioxide)を相殺する
(オフセット:offset)」に由来している。
■カーボンニュートラル
カーボンニュートラル(Carbon Neutral)は環境化学の用語で、直訳すればカーボンは炭素、ニュートラルは
中立なので「環境中の炭素循環量に対して中立」となる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、
排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。

カーボンオフセットとは?

 



個人や企業、イベントなどから排出されるCO2をオフセット(相殺)し、地球環境的には

中立(ニュートラル)状態に戻すという考え方です。

今、我々日本人は平均して、約10トンの二酸化炭素を排出している計算になります。

自家用車、出張で使う飛行機、電力消費などが主なCO2排出のソースですが、

これは世界平均の約二倍の量です。

また、我々が消費する製品も、原料から製造、流通に至るまでエネルギーを消費して

いますので、CO2排出量に換算するとかなりの量を間接的に排出していることにもなります。
 



節電やエコ・ドライブなど、ひとりひとりの省エネ努力ももちろん大事ですが、

これからはそれに加えて、自主的に二酸化炭素排出分を意識して、それを「相殺」する

プログラムを通じて、二酸化炭素排出量を抑制することが個人にも求められています。

オフセットする方法には、植林や排出権、グリーンエネルギーなどの使用があります。

特に、京都議定書の第一次実行期間が2008年から始まる日本では、その削減量に

参入することができる排出権とのオフセットに注目が集まっています。

今後、製造過程や流通過程で排出するCO2をオフセットした製品、機材の運搬や

電力使用や、観客の交通手段を計算し、オフセットしたコンサートやイベントなど、

様々なカーボンオフセットへの取り組みが発表される予定です。

また、グリーン意識の高いカップルによる、結婚式をカーボンオフセットする

グリーンウェディングなども盛んになっていくことでしょう。


■カーボンニュートラル

カーボンニュートラル(Carbon Neutral)は環境化学の用語で、
直訳すれば
カーボン炭素、ニュートラルは中立なので「環境中の炭素循環量に
対して中立」となる。何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、
排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。

グリーンマーケティング

グリーンマーケティングとは、企業は、環境に負荷をかけないマーケティング
活動を行わなければならないとする考え方。
エコマーケティングと呼ばれることが多い。具体的には、有害物質の排除、ゴ
ミの削減、物流の効率化、リサイクル可能な仕組みの構築などへの取り組み
があげられる。環境マーケティングとも呼ばれる。

ジーコンシャス株式会社http://gconscious.jp/
個人ひとりひとりが排出する二酸化炭素量を診断し、オフセットする国内初
のサービス
CarbonPASSを運営する企業。



取材記事はこちら


リフォームプロ 「カーボンオフセット」導入 地球温暖化対策に出資

地元地域紙「タウンニュース」に
取材掲載されました。